Top Trending Areas of STEM【邦訳】


STEMは、関連かつ相互分野として4つのコアなカテゴリを一緒に教えるよう推奨しています。が、かならずしもSTEMの全分野が同じように成長を実感しているわけではありません。STEM系労働力の不足と過剰について解説した記事で指摘したように、STEMは一枚岩ではないのです。STEMのいくつかの分野は他の分野よりも急速に成長しており、他の分野はまったく成長していないのが現実です。

        現在のSTEM市場はコンピューター関連の職業が圧倒的で、米労働省労働統計局は2018年までにSTEM系キャリアの71%を占めると予測しています。次に続くのは工学ですがわずか16%に過ぎず、物理化学で7%、生命科学は4%、数学は2%となっています。 Department for Professional Employees (DPE)によると、コンピューターおよび数学関連の職業が2005〜15年の成長を牽引し、この10年間のSTEM系雇用の79.5%を占めています。 DPEは、「2005年から2015年にかけて、建築および工学系で16万1,000人の雇用があった一方で、生命科学、物理学、社会科学では12万9,000人だった。同時にコンピューターおよび数学系の雇用は1,12万3,000にのぼった」としています。STEM間の格差が際立つ数字であり、その差は約7倍になります。

        ただし分野内でばらつきはあり、同期間にプログラマー職が17.4%の雇用減に直面したとDPEは報告。エンジニア職の増加率は、最終的にコンピューターおよび数学関連職のそれより少なかったとはいえ、航空宇宙工学系エンジニア職は53%増加しました。医療科学者の雇用も26%増加しており、これは3万2,000人の新規雇用に相当します。 一方で、電気エンジニア、製図者、生物学者、化学者は減少に直面しました。

        STEMの各分野内の増加率または減少率を検討するときは、分野のサイズに注意を払うことが重要です。たとえば2024年までに数学系の職業は28.2%増と、もっとも大きく成長すると予測されています(労働統計局)。 とくに統計学者は33.8%の成長率が予想されます。ただし前述のように、数学自体は、現在の市場の約2%を占めると予測されているにすぎません。数学関連の職業はもっとも高い成長率が期待される一方で、新たな雇用創出数では4番目にすぎないのです。これは実際には約4万2,000の新規雇用という数字に還元されます。2番目に成長率が高いとされるSTEM関連の高等教育教師も同様です。成長率は13%ですが、分野の規模自体が小さいため、雇用創出数となると5番目です。

        それでは実際のところ、どの分野が新しい仕事をもっとも生み出すのでしょうか。労働統計局によると、コンピューター系職業は12.5%と3番目の成長率が予測されていますが、2024年までの新規雇用でほぼ50万人に相当します。これは前述のように市場の大半をコンピューター系の仕事が占めているからです。 なかでもアプリデベロッパーは、70万人以上の労働者を抱えるコンピューター関連職の中でトップでした。ここで減少が予想される唯一の職業はプログラマーです。全体的に見るとコンピューター関連職は、その他のSTEM系分野の5倍の新雇用を創出すると予想されています。労働統計局は、退職などで新規雇用が必要な分も含めると、その求人数は100万人を超えるとも予測しています。

        新規雇用が2番目に多いグループはエンジニア職で、その数は合計6万5,000人。中でも医用生体工学は23.1%ともっとも速い成長率を見せています。これに機械工学が20%近い成長で続き、土木工学は10%超です。なお、電気工学は2005〜15年に14%減少しましたが、2024年までに10%超の成長率が見込まれています。

        減少が予想される唯一の分野は、製図者、工学技術者、および地図製作技術者です。その率は1.4%で、2024年までに約9,600人の雇用が失われる見込みです。

        米教育省は2020年までにSTEM系職の全体的な成長率を14%と予測しました。STEM内では、ソフトウェア、医療科学、および医用生体工学における雇用の伸びが非常に大きいとしています。労働統計局によると、新卒レベルのSTEM系職の90%以上が何らかの高等教育を必要とし、大多数は学士号が必須です。 ただし以前の記事で指摘したように、博士号を必要とする求人では、適格な応募者を見つけるのが難しいようです。

このように、STEMの各分野は非常に異なる速度で成長しています。STEMの一般的な分野であっても、成長率はさまざまです。STEMが私たちの経済の大部分を占めるようになるにつれて、STEM系労働力の需要は今後も増え続けるでしょう。新規求人による需要動向だけでなく、その需要を満たす応募者の供給動向についてもモニターしていくことが重要です。なお、これについての詳細は記事「STEM系労働力の不足」をご覧ください。

Sources:

https://www.bls.gov/spotlight/2017/science-technology-engineering-and-mathematics-stem-occupations-past-present-and-future/pdf/science-technology-engineering-and-mathematics-stem-occupations-past-present-and-future.pdf

https://www.nsf.gov/nsb/sei/edTool/data/workforce-03.html

https://www.livescience.com/43296-what-is-stem-education.html

https://www.edweek.org/ew/section/multimedia/chart-which-stem-jobs-will-be-in.html

https://www.ed.gov/stem

https://www.bls.gov/oes/current/oes_stru.htm

https://www.idtech.com/blog/futuristic-stem-jobs-and-career-list-for-students

https://www.collegechoice.net/50-highest-paying-careers-college-graduates/

https://www.forbes.com/sites/annapowers/2017/12/02/highest-paying-jobs-of-2017/#4e092de41c1e

https://www.cnbc.com/2018/01/09/these-are-the-25-best-paying-jobs-in-america-in-2018.html

https://www.trade-schools.net/articles/high-demand-jobs.asp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です